• ホーム
  • 外に出るのが嫌になるほどの薄毛の対処法

外に出るのが嫌になるほどの薄毛の対処法

薄毛というのは、抜け毛が増えることによって起こる症状で、決して恥ずかしいというものではありません。
しかし、薄毛であるということは、コンプレックスにもつながり、外出するのも嫌になってしまうという人がいます。
鏡を見れば、自分の髪の毛の状態は嫌でも目に入ります。シャンプーをすれば、手が髪の毛の状態を確認します。
薄毛であることをどうにかしたいと考える人も多いでしょう。そこで、外出するのも嫌になるほどの薄毛の対処法を知っておきましょう。
まず、薄毛というのは体質だから、仕方がないと諦めるのを辞めましょう。生活習慣によっても髪の毛の状態は大きく変わるからです。
抜け毛になってしまうのは、男性ホルモンや皮脂のつまり、生活習慣などいくつかあります。
体質は変えることができませんが、生活習慣なら変える方法があります。まず、食生活を改善しましょう。インスタントの食品ばかりでは、栄養が不足して髪の毛にまで届きません。
髪の毛の主成分となるタンパク質や、髪の毛の生成に欠かせない亜鉛やビタミンを意識して食べるようにしましょう。
睡眠不足も、血行不良を招いてしまうので、薄毛につながります。
夜遅くまでスマートフォンやパソコンを見ていると、副交感神経が刺激され、興奮状態になるので質の良い睡眠がとれなくなってしまいます。
飲酒や喫煙も適度にしましょう。また、皮脂の詰まりを改善するために、1日に何度もシャンプーする人がいますが、逆効果です。
地肌に必要な皮脂まで流してしまうので、1日に1回だけで構いません。時間のある夜にじっくりを洗うようにしましょう。
これらの対処法は、すぐに実践することができます。
頭皮のマッサージなども積極的なケアになりますが、まずは生活の基盤を整えた上で行うようにしましょう。
こうすることで、身体の中から薄毛になってしまう因子を除いて行くことができます。頭皮が健康な状態になるので、髪の毛も生えやすくなります。

同窓会で薄毛を隠す方法

同じ学校に通っていたクラスメイトが集まる同窓会はとても楽しいものです。
しかし、同じ年代の人が集まるということで、つい比較をしたくなってしまうということがあるでしょう。
薄毛だから同窓会に行きたくないという人もいるほどですが、隠す方法があります。
それは、帽子をかぶるという方法です。
私服での参加が可能なら、帽子に合わせやすいファッションをすれば、目立つこともありません。
もし、フォーマルな服装でなければいけない場合は、かつらという方法もあります。
かつらを用意するのが大変な場合は、増毛スプレーと呼ばれるスプレーを使ってみましょう。
かつらよりも手軽に、安く隠すことができます。
ただ、スプレーはある程度髪の毛が残っていないと、地肌が黒くなってしまい、不自然な印象になってしまうので気を付けましょう。
もし、同窓会までに時間があれば、育毛剤を使うことで少しずつ改善することができます。
ただ、半年ほど継続して使う必要があります。
3カ月ほど猶予があれば、植毛と言う方法もあります。
クリニックに行かなければいけませんが、髪の毛の量を根本から増やすことができます。
一時的な効果で良ければ、増毛という方法があります。
残っている髪の毛に、人工の髪の毛を結んでいくので、全体のボリュームが増えて、自然な外見になります。
同窓会だけなんとかしたい場合におすすめですが、髪の毛が伸びてくると、不自然になってしまうことを覚えておきましょう。
薄毛を隠す方法はいろいろあります。
同窓会までの期間や費用を考えて、自分に合った方法を選びましょう。
同窓会という同年代が集まる場において、薄毛であることを隠すことで、若く見られるというメリットもあります。

関連記事